日程調整など注意点を確認しながらブライダルフェアは見学していこう

[PR]

結婚式のプロフィールムービーを作ってもらおう☆
思い出深い一日を演出♪

二次会の幹事代行が低価格♪
楽しいパーティーにしよう!

こだわりを形にしてくれるブライダルヘアメイク
最高の一日をつくるお手伝い!

1.5次会の手続き
きちんとプロがサポートしてくれる

京都で結婚式を挙げたいなら必見!
会場見学予約がネットでできる

式までの日程を想定

結婚式

式までにやることがいろいろ!

結婚して式を挙げることが決まったのであれば、式の日取りから日程を逆算して、やるべきことの段階を決めて片付けていく必要があります。最近では結婚式の演出で両親へのプレゼントを贈るプログラムもあります。思い出の詰まったものや二人の門出を表現するものであれば感動を呼び起こすこと間違いなしです。
結婚式場を決めるまでにはブライダルフェアをいくつか見て回る必要がありますが、注意点としては一つだけ見て決めないということです。そのためには日程に余裕をもって行動しなければならないのです。

理想としては半年前までに決める

では、ブライダルフェアを見て回るのは結婚式のいつまでに行なっておけば良いのでしょうか。半年前であれば早すぎるということはありません。7ヶ月前であれば余裕といえるでしょう。良い式場は早めに埋まっていくので慌てる必要はありますが、妥協はしないでください。
その後にプロフィールムービーの依頼をしたり、二次会の会場や幹事代行を決めていったりすることになります。とても忙しい期間となりますが、やり遂げればきっと満足するでしょう。

場所が二人を演出する

結婚式といえば昔からある冠婚葬祭の一つではありますが、非日常の空間ともなります。そのため結婚を執り行なうカップルが、いつもとは違う人に見えるのです。それを演出するのが結婚式場という「場」となりますので、選ぶのに妥協はできません。

結婚経験者に会場選びのコツを質問

式場決定までにかかった期間は?

式場探しのためにどれだけの時間がかかったのか、経験者にアンケートをとったところ1ヶ月で探せたという人も多く、たいていの人が3ヶ月以内で探して決めたという結果になりました。それまでに2、3件ブライダルフェアを回れば十分比較ができます。

会場を探す際の注意点はなんですか?

事前にスケジュール管理をしていれば、余裕をもってブライダルフェアを観察することができます。そのためには会場に行く前に、会場のサイトや結婚情報誌などで、どの点を注意して見れば良いのかチェックすることも大切です。

価格交渉ってできるんでしょうか?

結婚式場によっては、価格交渉ができるのでそれは知っておきましょう。成約特典がある会場のこともチェックすべきです。直近の式でも値上げされることなく成約できるところもありますので、価格については担当者と密に話し合いましょう。