映像を使った演出|良い結婚式のための注意点【ブライダルフェアの見方にもコツあり】

工夫が必要な結婚式の演出ではプロフィールムービーを活用しよう

映像を使った演出

男の人と女の人

生い立ちから馴れ初めまで

近年では、従来の結婚式にはなかった演出が多く利用されています。その一つがムービーを使った会場の演出です。
携帯でも気軽にムービーが撮影できますし、簡単に利用ができるようになったため、映像を使った演出は素人でもできると評判になっています。
そして、プログラムの合間に手持ち無沙汰になっていた会場の雰囲気も変えることができる便利な演出としても注目されています。

現在の傾向

ではどれくらいのカップルがプロフィールムービーを作っているのかというと、なんと9割ものカップルが結婚式に利用しているといいます。手持ちの写真を組み合わせて音楽を合成すれば、コンパクトかつ感動的な演出ができるというのがその理由です。
また、業者とのやり取りがWebで完結するというのも便利ということから、よく利用されています。

映像の演出があるとないとでは大違い!

映像演出あり

映像による演出があると、ちょっとした間も出席者を退屈させることがありません。映像が大スクリーンで映し出されるため、どこにいても見やすいのも良い点ですし、集中してずっと見なくても良い気軽さがあるのも良いです。

映像演出なし

映像の演出がないと列席者による余興などがよく行なわれますが、余興は集中して見なければいけないという緊張感も生み出してしまいます。芸達者な人がいれば盛り上がるので、映像なしの結婚式プログラムの特徴となっています。

他にも注目の今どきの結婚式演出

  • 挙式で列席の子供にベールをもって歩いてもらう
  • リムジンに乗って新郎新婦が登場
  • 挙式後のフラワーまたはライスシャワー
  • 式場前のウェルカムボード
  • 待合室での軽食準備
  • 結婚するカップルへのメッセージボード
  • バンドの演奏
  • エンディング映像