良い映像の作り方|良い結婚式のための注意点【ブライダルフェアの見方にもコツあり】

写真の選び方を知れば結婚式のプロフィールムービーはもっと良くなる

良い映像の作り方

花嫁

写真選びが重要

結婚式に出席している人々がプロフィールムービーを見て、「こんなことあったね!」「あのころの◯◯さんはこんな感じだったのか」という驚きと感動を感じてもらえると、映像を作った甲斐もあるというものです。
そういった感動を生み出すためには、いくつかのポイントに気をつけてプロフィールムービーの写真選びを行なう必要があります。
映像があればより演出も華やぎますので、保管している映像をチェックしてみましょう。

テーマを決めておこう

テーマを決めることで、結婚式のプロフィールムービー作りは成功します。なぜテーマを決めるのかというと、同じ写真ばかりにならないようにするためです。
ランダムに選ぶとどうしても同じような写真ばかりになり、ストーリー性が感じられず面白みのないものになってしまいます。
成長過程を見せるのか、お色直しの演出を効果的にするものにしたいのか、テーマを決めればおのずとストーリーをもった映像づくりができます。良い業者というものは、そういった演出のアドバイスも丁寧に行なってくれるのです。

写真選びの基準リスト

  • なるべくゲストが写っている写真を選ぶ
  • 様々な表情があるもの
  • 前後のプログラムに合わせた写真
  • いろんな時代を撮影した写真
  • 世代ごとに二、三枚選んでおく
  • 人だけでなく思い出の品を撮影した写真も
  • カップルが二人だけで写っている写真